キッチンについて

HOME > キッチンについて

キッチンの基礎知識

家族にピッタリのキッチン選び。

キッチンでは、ダイニングやリビングとどう繋がっているかで、調理のスタイルやくつろぎ方が大きく変わります。家族みんなが集まる空間だからこそ、じっくり検討してファミリーにピッタリのキッチンにしたいものです。このページでは、キッチン選びでお悩みのお客様向けにキッチンの基礎知識として、スタイル・レイアウト・設備の3つの視点からキッチンについてご説明いたします。

家族にピッタリのキッチン選び。

スタイル編

キッチンはLDとの関係が重要。家族とのコミュニケーション重視ならオープンタイプ、来客が多いために隠したいならクローズドタイプなど、家族のライフスタイルに合わせたタイプを選びましょう。

クローズドタイプ

クローズドタイプ

キッチンが1室として完全に独立したタイプです。じっくり料理したい方には特におすすめのスタイルです。

セミクローズドタイプ

セミクローズドタイプ

吊戸とキッチンの間の壁をオープンにして対面させたスタイルです。

オープンタイプ

オープンタイプ

キッチン本体を壁付けし、ダイニングと一体化したスタイルです。

セミオープンタイプ

セミオープンタイプ

オープンタイプキッチンをカウンターで仕切った機能的なスタイルです。

オープン対面タイプ

オープン対面タイプ

吊戸をつけずにシンク上をオープンにしています。デザイン性・機能性の両方を兼ね備えた今一番人気のスタイルです。

レイアウト編

キッチンのレイアウトは6パターンあり、一般的に多く見受けられるタイプはⅠ型とL型です。ほかのタイプはある程度のスペースが必要になります。キッチンの広さ、使い勝手をじっくり考えてレイアウトしましょう。

Ⅰ型

Ⅰ型

コンロと冷蔵庫を1列に配置しています。作業を平行移動で行うため、間口が大きすぎると不便です。キッチンスペースがあまり取れないご家庭向きなレイアウトです。

Ⅱ型

Ⅱ型

作業カウンターを2列に配置しています。Ⅰ型に比べると動線が短く、作業しやい利点があります。また、収納スペースも大きくとれるのも特徴です。

L型

L型

ワークトップをL型に配置しています。作業スペースが広くとれ、動線も短くなります。このレイアウトはコーナーの使い方にがポイントになります。

コの字型

U型

ワークショップをコの字型に配置しています。作業スペースも広く、収納も確保できます。クローズドタイプキッチン向きのレイアウトです。

アイランド型

アイランド型

一部を島のように独立させたタイプがアイランド型で、多人数で作業できるレイアウトです。このタイプを実現させる条件として、8帖以上の広いスペースが必要です。

ペニンシュラー型

ペニンシュラー型

一部を半島のように突き出させた独特なレイアウトです。家族とのコミュニケーションを重視したキッチンスタイルです。

設備編

キッチンにはシステムキッチンとオーダーメイドキッチンの2種類があります。システムキッチンは設備機器、収納パーツ、天板、扉などの部材を組み合わせることで、お客様のお好みでキッチンを作れます。一方、オーダーメイドキッチンは、我が家だけのキッチンができるので、こだわり派の方におすすめです。最近のキッチンはデザイン性が非常に高く、機能的なのですが、デザイン性だけを考慮した選定は、後々苦労するかもしれません。

設備編 img

レンジフード

プロペラファンとシロッコファンがあり、色は黒やシルバーが一般的です。デザイン性の高いシルバーのが人気です。汚れやすい部位なだけに、掃除しやすいものを選ぶことをおすすめします。

吊り戸棚

最近は開き扉タイプに加え、引き戸、上下開閉、フラップなどデザインやサイズも豊富になりました。身長に合った高さを選ぶことがポイントです。

ワークトップ

豊富な種類がある人工大理石が人気素材。ほかにもステンレス、天然石、メラミン、ガラス調カウンターなどもあります。

キッチンパネル

キッチン前の壁部分では、清掃しやすさからキッチンパネルが人気です。メラミン、ホーローなど素材・色柄も多彩。

収納ユニット

収納ユニットはキッチンの横や背面に設置します。最近はデザイン性が高く、多種多様な収納物に対応できるようになりました。

水栓

シングルレバー式が主流です。中にはハンドシャワー付き、浄水器一体型などもあります。

コンロ

3つ口のグリル付きガスコンロが一般的です。最近はオール電化にも向いている、IHクッキングヒーターが大人気です。

シンク

機能的なシンクが充実しています。コンパクトなのに中華鍋が洗える形状や、水ハネ音を軽減したものなどがあります。

ビルトイン機器

食器洗い乾燥機やオーブンレンジなどをベースキャビネットにセットできます。

ベースキャビネット

開き扉と引き出しタイプの2種があります。どちらも扉の面材が豊富でデザイン性も高く、好みの色柄を選べます。

お問合せ

ページトップへ